GNUCash問題は、バージョンだった

昨日、GNUCashの下のバーに出る数字が異なっているのは、バージョンの問題だった。

ThinkPad SL410で記帳していたGNUCashは、3.8のバージョンだったのですが、CF-W8に3.8のバージョンを入れて動かすとGNUCashが落ちてしまったので、Ubuntu 18.04の標準で入るGNUCashで動かしていました。

まさか、表示される数字が異なる事に成るとは、思っていませんでした。

もはや、CF-W8では、Ubuntuすら動かせない非力なマシンになっているのですね〜。

やはり、自宅サーバのバックアップ機にしか成りませんか?

GNUCashの検証機は、SL410Kと名付けたThinkPad SL410(北のコタンYHから頂いたマシン)で行う事にします。

私がずっと使っているThinkPad SL410は、英語キーボードで気に入っているのですが、立ち上げ時に不具合がある様なメッセージが出るので、確定申告が終わったらUbubtuを再インストールする事にします。

で、今日は、とかちむらから注文を頂いたモビールキットの加工を行います。

YogaBookで行う最初の本番加工です。

10枚の加工を行いました。

でも、一番大変な竹ひごの加工がこれからでね〜。

そうそうAmazonで頼んでいたYogaBookのアクセサリーが届きました。

テストは、これからですね〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です