CF-SX4(i7)と(i5)の本体キーボード部の入替

実は、CF-SX4(i7)のボディーは、結構草臥れています。

例えば、ヒンジ部分。

また、DVDドライブのフタを開けたらヒビ割れています。

CF-SX(i7)の方を常用マシンにするので、CF-SX4(i5)の本体上部のキーボード部分の方が遙かに綺麗なのでキーボード部分を入替ました。

その時にひび割れ部分を接着剤で接着しました。

接着のバリなどが残っていますが、これは後日綺麗にします。

CF-SX4(i7)のメモリ増設

今日は、CF-SX4(i7)のメモリ増設を行いました。予定では、もっとバラしてCPUクーラーのグリスアップも行うつもりでいたのですが、10時から村議の議員さんの視察が有るとの事で省略しました。

中を開けた時にファンにホコリが積もっていたのでエアーブローしてホコリを飛ばしました。

で、メモリ増設しました。

macOS BigSurのアップデートが出ていたのでアップデートを行いました。

Xcodeのインストール

本日、帯広図書館でこの本を借りて来ました。

この本の中にXcode(iPhone等のクロス開発ツール)の事が書かれていました。

MacBook Proは、macOS(Ventura)なのでApp Storeからすんなりインストール出来ました。

CF-SX4は、macOS(Big Sur)なので最新版は、入りません。

この写真では、旧バージョンがインストール出来ると書いてありますが、それを見落としたか!表示されていませんでした。

なので旧バージョンを順番にダウンロードしてインストールして見ました。

インストール後、Xcodeを実行して動かない事を知りました。

で、このバージョンで動きました。

とりあえず、今日の所は、開発環境の構築を行いました。

CF-SX4でBIOSの改造をトライ

世の中には、凄い人がいますね〜

https://digital-life.up.seesaa.net/image/letsNoteSATA3.pdf

この方のドキュメントを参考にしてBIOSのイメージを保存しました。

そしてAIM Aptio UEFI MMTool v5.0.0.7を使ってSetup.ffsを作成しました。

このMMToolをダウンロードするのに幾つもマルウェアが入ったファイルをダウンロードさせられました。皆さんご注意を!

Setup.ffsから問題のパターンは、残念ながら抽出されませんでした。

残念ながらCF-SX4のBIOSでは、改造出来ませんでした。

色々検索していたら、下記の書き込みを見つけました。

先ほどAX210NGWで試しましたが、Bluetoothは、認識されませんでした。

単にWiFi6対応のカードでBluetoothが使いたいだけなのです。

 

AX200をThinkPad X1 Carbonに移植

先日、CF-SX4にAX200を入れましたがBluetoothが認識されませんでした。

ThinkPad X1 Carbonならちゃんと使える様なのでCF-SX4からAX200を移植することしました。

先ずThinkPad X1 Carbonの裏蓋を開けました。

次にCF-SX4を開けて、このAX200を取り出しました。

そしてThinkPad X1 Carbonの8265NGWを取り出してAX200NGWを移植しました。

最初にThinkPad X1 CarbonのWindows11を立ち上げ正常に動作する事を確認しました。

Wi-FiもBluetoothも認識されました。

ところがルーターにpingすら通らない。

Airportltlwm.kextをV2.2.0αに置き換えスピードテストを行いました。

結果、速度は、今一ですね〜!

Kext Updaterで、Kextsのアップデートを確認して最新にしました。

で少し速くなりましたね〜!

余談ですが、8265NGWをCF-SX4に移植して、Bluetoothが動作するか確認したらやはり動きません。

4th Quadrant(AX200NGWの販売店)の菊地さんの仮説通りプロテクトされている様ですね〜!

結局、CF-SX4は、元付いていた7265NGWに戻しました。

AX200NGWでBluetoothが使えない

先日、CF-SX4にAX200NGWを取付たら、Wi-Fiは、問題無いのですが、Bluetoothが認識されません。

販売店に連絡してWindows10でBluetoothの接続確認した物を交換品として送って頂きました。

本日、付け替えましたが、やはりBluetoothが認識されません。

そうこうしていたらWiFi6対応のルーターWSR-1800AX4S/NBKが届いたので自宅のルーターを取り替えました。

取り替えたルーターWRC-1167GST2は、工房で使う事にします。

CF-SX4(Hackintosh)にAX200をインストール

漸く届きました〜!

Wi-Fi6カード(AX200)が届きました。

外したネジ。

マザーボードが出て来ました。

このカードを交換します。

Windows10のスピードテスト(ドライバー更新前)

Windows10のスピードテスト(更新後)

Ubuntuのスピードテスト。

macOSのスピードテスト。

AX200の交換動画でBluetoothが使えない事が書かれていましたが、インテルの仕様を確認したらインターフェイスは、同じだったので行けると思ったのですが・・・。

CF-SX4(Hackintosh)の動画を作りました

Panasonic Let`s note CF-SX4に3種類のOSを入れました。
Windows10、macOS Big Sur、Ubuntuが動く様にしました。
特にHackintoshの手法でmacOSが動く様に成ったのは、夢、幻と思いました。
この動画は、macOSがどの様に動くのかを表現しました。

CF-SX4(Hackintosh)にmacOS(Big Sur)インストールの備忘録のブログは、

https://blog.nakasatsunai.jp/macos/memorandum-of-installing-macos-big-sur-on-cf-sx4.html

に有ります。

CF-SX4(Hackintosh)に曲のダウンロード

CF-SX4(Hackintosh)にiTunes Matchに登録されている曲のダウンロードを行いました。

ダウンロードには、速いネットワークが必要なので有線LANアダプターを使いました。

また、写真に写っているBluetoothイヤホンを登録して音が鳴る事を確認しました。

ダウンロードした曲は、こんな感じですね〜

CF-SX4には、DVDドライブが付いているのでCDアルバムを読み込んでiTunes Matchに登録したいと思います。

早速、小椋佳全集の登録をしました。

本体は、既に無いカリブに12連装のCDチェンジャーのカートリッジに入っていた物を全集に戻しながら読み込みをいました。

赤いボタンを押して読み込みスタート!

読み込みが終わったらチェックが入っていますね〜!

CDは、こんな感じでセットしていました。

カリブで丸一日小椋佳を聴いていたら何の曲を聴いても同じに聴こえましたね〜!

CF-SX4(Hackintosh)にgccのインストール

CF-SX4(Hackintosh)にgccをインストールして見ました。

今更、gccを入れてどうこうするモノでも無いのですが、インストールして見ました。

インストールには、2〜3時間掛かりました。