CF-SX4にmacOS(Big Sur)インストールの備忘録

CF-SX4にmacOS(Big Sur)のインストールに成功した手順を備忘録として書いておきます。

今回インストールに成功した要因の一つに下記のYouTubu動画の影響が非常に大きいです。

EFIファイルは、https://www.mediafire.com/folder/8waqyegmwhroo/EFIのラップトップからEFI_OPENCORE_LAPTOP_BROADWELL.zipをダウンロードします。

OS本体は、https://www.mediafire.com/folder/wzqw12psczh5l/MacOS+OCからBig Sur OC.zipをタウンロードします。

先程の動画の通りに行ったら、実は、Macのマシン無しでインストール出来ます。

でも、残念ながらCF-SX4では、macOSのインストーラーは、立ちあがりませんでした。ThinkPad X1 Carbonでは、ちゃんと立ち上がったのですが・・・。

では、どうするかと云うとhttps://blog.kabocy.com/repair-custom/2050/の手順に従って、インストール用USBを作成します。

EFI領域には、先程ダウンロードしたEFIファイルを使います。

インストール用USBにどうやって書き込むかメモを書いておきます。

1.Macでアプリケーション→ユーティリティ→端末を立ち上げます。

2. diskutil list

3. sudo diskutil mountDisk /dev/disk2s1 (環境に寄ってディスクラベルは、異なります。)

4. マウントしたEFIにEFIと云うフォルダーを作り増す。

5. 展開したEFIファイルからBOOTとOCをUSBのEFIの下にコピーします。

6. OCの下のconfig.plistを編集します。

                        <key>MLB</key>

                        <string>C02514700GUGDVVA8</string> #ここにマザーボードの製造番号を入れます。

                        <key>ProcessorType</key>

                        <integer>1542</integer>

                        <key>ROM</key>

                        <data>ESIzRFVm</data>

                        <key>SpoofVendor</key>

                        <true/>

                        <key>SystemMemoryStatus</key>

                        <string>Auto</string>

                        <key>SystemProductName</key>

                        <string>MacBookPro12,1</string> #Macのモデル番号を入れます。これが古いとmacOSがインストール出来ません。

                        <key>SystemSerialNumber</key>

                        <string>C02PJVY2H1DP</string> #本体の製造番号を入れます。

                        <key>SystemUUID</key>

                        <string>3AE67BEB-B356-4AA4-BB9A-56EB54C47E29</string> #これは、UUIDを入れます。

Macがあれば、リンゴマークから「このMacについて」→システムレポートで確認出来ます。

私は、自分のMacBook Pro 2012の値をコピーして使いました。

マザーボードの製造番号と本体の製造番号は同じにしました。

7. EFIを安全に取り出します。

このインストール用USBをCF-SX4に挿してUSB起動してインストールを行います。

  

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です