SmartDIYs Creatorでの写真加工

今日の中札内交流の杜には、自衛隊の車両が来ていました。

で、今日の工房での課題は、SLCO2+SmartDIYs Creatorを使って加工する時の特性把握ですね〜。

最初は、2000×1613ピクセルの画像を直接取り込んだ時にどれぐらいの大きさに加工出来るかのテストですね〜。

100mm x 83mmに加工されました。

BeamBoxProだと200mm x 161mmに加工されますね〜。

ディフォルトでは、254DPIなのですがこれを変えた時の加工の変化のテストをしました。

 

DPIの変化は、Y軸方向の送りピッチの変化の様で、加工時間は、比例しますね〜。

次にInkscapeに画像を取り込んで同じ大きさにした時の加工の特性を見ます。

当然ですが、Inkscapeの画面上は、粗く見えます。

でも、加工の仕上がりは、直接画像を取り込んだ時と大差無いと感じました〜。

BeamBoxProでは、直接画像を取り込んだ方が品質が遥かに良くなりましたね〜。

過去BeamBoxProで加工した物との比較したら、

左手のSLCO2の方が写真加工には、向いている様に思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です