BeamBoxProが使えました

漸くBeamBoxProが使えました。

色で速度と強度を設定したらその通りに加工と思っていたら、出力率が有って、それが0.3になっていたのが原因でしたね。

これは、テスト加工です。

次に加工したのが、これですね。

で震電の彫刻も行いました。

彫刻は、ちょっと薄かったですね〜。

コースターの加工を行いましたが、カメラで板の上の縁が表示させるには、材料をかなり下げないとダメでした。

そして出来栄えは、ちと材料が焼け過ぎたかなぁ。

抜いた馬を比較したら、SLCO2の方が綺麗ですね。

加工の過程をその内動画で投稿しますが、SLCO2の方がスマートですね。

左手がSLCO2で、右手がBeamBoxProですね〜。

加工品の量産には、SLCO2が適していますね〜。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。