ノイズ対策の検証

昨日、アース線付きの基板を取り付けてSLCO2のノイズ対策は、完了しましたが、その検証をどうするか考えていました。

前回、レーザ管が発信しっぱなしに成った加工(34分の加工)を同じ条件でやって見る事にしました。

加工の最後の方で動きが止まった時があり、ダメか❓と思いましたが、レーザ管の発信は、止まっているし、暫く見ていたら動き出し最後まで加工出来ました。

これでノイズ対策は、機能していると思われまね〜❣️

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です