レーザ加工機が壊れた?

SLCO2が壊れたのか?と焦りました。

いつもの様に加工サーバを立ち上げ、Win10のブラウザで加工サーバに接続すると、いつもと様子が違う。

「開始」と表示が出るが、ファームのバージョンなどの表示が出ない。

ドアを開けているが、ブラウザに表示されない。

この時点で、SLCO2のボードが壊れたのかと思い、焦りました。

SmartDIYsのサポートFBから追放されているので、サポートが受けられるのか?心配が頭を過ぎりました。

普段は、ブラウザとしてしか使っていないWin10にUSBケーブルを刺し、Win10のサーバプログラムを起動して動かすと動きました。

取り敢えず、本日の加工はこれで乗り切りました。

でも、原因がまだ判らない。

今、原因が判りました。

iPhoneのブラウザで加工サーバに接続するとちゃんと動きました。

結局、Win10のWi-Fiがちゃんと接続されていないだけでした。

Win10のブラウザで見た時に、加工サーバの画面はキャッシュから表示されているだけでした。

しかし、今回は焦りました。

良い、勉強に成りました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です