その後のゴム印テスト加工

今日は、ゴム印のテスト加工の続報です。

SmartDIYsのサポートのアドバイスに基づき、ベクター加工の続編です。

本当は、クロスハッチした所に文字を排他処理してレーザ加工に掛けたかったのですが、Inkscapeでは、どうしても排他が掛からなかったので四角の中をベタ塗りして、文字をボルドーで太くしてから排他処理してレーザ加工を行いました。

ベタ塗り部分のラスター加工は、SmartDIYs Creatorの設定に任せてレーザ加工を行いました。

写真に依るラスター加工は、ダメでしたが、これなら大丈夫かなぁ。

ベクター加工は、F4000 P15でベタ塗り部分のラスター加工は、F4000 P18で密度は、0.08mmで行いました。

右上は、ハッチング密度の設定をミスったのですが、中抜けに成っているのは、変ですね〜。

これでSLCO2でゴム印制作の目処が立ちましたね〜。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。