色紙の加工

今日は、写真をSVGファイルに貼り付けた場合と写真を直接読み込んだ時の加工の変化のチェックをします。

BeamBoxProの場合は、明らかに画像を直接読み込んだ方が滑らかでした。

SLCO2+SmartDIYs Creatorの場合の確認を行いました。

最初は、Inkscapeで色紙の大きさに画像をはめ込んで一部を加工。

次にBeamBoxProでは、原寸大に成る画像を直接取り込んで加工しました。

結果をじっくり見るとこんな感じですね〜。

この加工は、ラスター加工でコントラストのハッキリした色紙画像なので、しっかり塗り潰しに成ると思ったら違いました。

更に拡大して見たらこんな感じですね。

これから云える事は、コントラストがハッキリした画像は、BeamBoxPro の方が美しく、普通の写真は、SLCO2の方が写真に近く加工されます。

でもSmartDIYs Creatorでの加工結果なので、しっかり予測出来ない場合が有りそうですね〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です