円筒の加工

BeamBoxProを使って円筒の加工をすべく色々試みました。

前回、ローテイトモジュールの組み込みを行いましたが、簡単な図形は読み込めてテスト加工出来ました。

しかし、複雑な震電の3D図形などは、下記のようなメッセージのまま図形の読み込みが出来ませんでした。

で、ファームとStudioソフト共に最新バージョン出来たが、このバージョンを落として試してみました。

ファームは、v1.11.2 ⇒ v1.9.13 ⇒ v1.11.2 にして

Studioは、v1.3.4 ⇒ v1.2.9 にしてどの組み合わせも行いましたが、3D震電の読み込みは失敗に終わりました。

前回は、色紙の写真も加工までは、出来なかったのですが、今回は加工出来ました。


加工の様子を動画でご覧ください。

ローテイトモジュールを使った加工は出来る事が確認出来ました。

BeamBoxProで3D震電のSVGファイルが読み込めない問題は、有りますが・・・。

今日の作業は、ここまでですね。

ここ交流の杜は、8月はスポーツイベントが盛り沢山あって、工房には、8月中は来れません。

なので、レーザ加工のブログは、暫くお休みかなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です