1つの仮説

1つの仮説を立てました。
原点から最初の加工ポイントまで全速力で移動する様にプログラムされている。
そこで、脱調してしまい加工がズレてしまっている。
Y軸をユルユル(最適)に調整された方のみ正常動作している。
この全速力と云うのがどれぐらいの速度か?判らないですが‥‥。
原点復帰の時に非常にゆっくり動かしているのに、ファーストコンタクトの時に全速力で動かしているのは、ある意味設計ミスだと思います。
と云う仮説ですが、如何でしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です