グラスに震電を彫刻

今日は、グラスに震電を彫刻して見ました。

グラス単体を写真の様に置いて加工すると流石に焦点が離れ過ぎるので綺麗に加工出来ないと思います。

そこでグラス2個を貼り合わせてこの様にして加工しました。

グラスのレーザ加工には、ガラスの表面に濡れた紙を貼って加工すると良いとの事で、加工にトライしたらものの見事に失敗しました。

グラスの底に両面テープを貼り、念の為セロテープを貼っていたのですが、水分で折れてしまいました。

手元に有ったのは、アルミ箔テープだったので、アルミ箔テープを貼ってトライしました。

何とか上手く行きましたが、濡れた紙を貼るのに霧吹の必要性を痛感しました。

百均で霧吹を買う事にします。

出来上がった作品は、こんな感じですね〜。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です