GNUcash

今日は、工房でGNUcashの勘定科目の設定をして1/1の現金の開始残高を設定して、1月、2月のお金の動きを入力しました。

GNUcashは、xmlの一般ファイルにデータを吐き出すのですが、DBも使える様なのでMySQLを立ち上げて使える様にして見ました。

UbuntsuにGNUcashを入れるとバージョン2.6が入ります。

データを入れてからDBに保存出来なくて、全くの初期からDBを使う様にして、勘定科目の設定を行いデータの入力をしました。

で最後保存するとファイル名を入れないとダメでした。

適当な所で切り上げ、近くのスピナッチに行きGNUcashの大先輩に聞きに行きました。

大先輩は、xmlの一般ファイルで処理されていました。

家に帰ってから、GNUcashの最新版にしたら良いかもと最新版にアップグレードしました。

最新版でDBに保存したらアプリが落ちてしまいました。

やっぱりxmlの一般ファイルで運用しないとダメかなぁ〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です