iPhone SEは、そのまま返されました

先日、Appleのサポートに連絡してiPhone SEを入院させたのですが、異常無しでそのまま戻って来ました。

下記の写真で左側がiPhone SE(2nd)で右側がiPhone7(予備機)です。
最初の写真が画面の明るさを最大にした時の写真です。


次の写真が、明るさを同程度にした時の写真です。

因みにこのiPhone7は、バッテリーが84%まで使い込まれている物です。

片やIPhone SEは、手に入れて一年と2ヶ月しか経っていません。
iPhone SEの画面の明るさが暗く成っています。

年季の入ったiPhone7の明るさ調整を半分にした時の明るさと同程度と云うiPhone SEは、明らかに異常だと思うのですが‥‥。
外で写真を撮る時など不便で仕方が有りません。
でAppleのサポートに連絡して入院が決定しました。
で、AhamoのSIMをiPhone7に移して入院準備を行いました。

外で写真を撮る時に、明るさを最大限にしても画面が見えなくて、困っているのに、Appleのサポートの方には、理解して頂けませんでした。

再度、Appleのサポートに電話して解決しました。

この「ホワイトポイントを下げる」がオンで80%に成っていたのが、原因でした。

まぁ、問題が解決して良かった❣️

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です