木の皿にロゴの彫刻

今日は、札幌から木の皿を持ってお客さんが来られました。

その木の皿にロゴの彫刻を行いました。

実は、お皿の大きさが同じで材質が同じなら条件を決めたらどんどん加工すれば良いのですが、材質も異なり、大きさも違います。

ハニカムテーブルの端から15cmずつのところに中心が有るとして加工のセットを行いました。

材料を置くのは、お客さんにやって頂きました。

なんだかんだで二十数枚の加工を終えました。

しまったエンビだったか?

元は、iPhone6sのケースをiPhone7を入れる様にレーザ加工します。

カットする部分をマジックでマーキング❣️

加工前。

加工後。

断面が真っ黒に成り、ウェットティッシュで拭きましたが、黒く成った部分は、どうしても綺麗に成りません。この材料は、エンビだったのかも知れません。

よく見たら右上にヒビが‥‥接着剤を入りましたが、100均でケースを買うことにします。

これらの作業は、塗装の合間に行いました。

最初は、24時間換気扇を取り外します。

そこに、塗装ブースの排気管を接続。

塗装開始。

塗装が完了したら乾燥ですね。

裏面を塗装→乾燥→表面を塗装して、乾燥中ですね〜❣️

 

1回目の本塗り

今日は、1回目の本塗りを行いました。

スプレーガンを持っているのですが、今は、お手軽スプレー缶を使っています。

最初は、裏面の塗装です。

裏面が乾燥したら、表面の塗装です。

明日以降に、1500番のサンドペーパーで磨きを掛けて、2度目の本塗りを行います。

ある方から、器にレーザ加工の依頼が有り、そのデータが届いたのでBeamBoxProでテスト加工を行いました。

左側が送られて来た画像データでラスター加工をしました。

右側は、送られて来たイラレのデータをInkscapeに読み込み(イラレのaiファイルがInkscapeで読めるとは、知りませんでした)大きさを整えて、ラスター加工+輪郭のベクター加工を行いました。

 

シーラーを下塗り

今日は、最初に傘☂️の修理をしました。

そして、コースターの裏面のハニカムテーブルでのキズをサンドペーパーで取り、エアーダスターで埃を飛ばして、下塗りの前処理をしました。

最初に筆で馬を抜いた穴の側面にシーラーを塗布しました。

次にコースターの側面にシーラーを塗布。

そして、コースターの裏面にシーラーを塗布して、表面にも塗布しました。

乾燥させて後日、本番塗装を行います。

久しぶりのコースター加工

今日は、トレスアニョス展で販売用のコースターの加工を行いました。

実は、使うシナの板ですが、自動カンナ盤を掛けた時の凹みがある物が有ります。

なので、サンダーで60番、120番、180番を掛けました。

それからレーザ加工を行いました。

レーザ加工の上の切シロが少ないので、ハニカムテーブルの位置をズラしました。

これを5枚加工して、30枚のコースターを作りました。

この後、断面を水拭きしてススを取りました。

明日からは、裏面のハニカムテーブルでのキズ(焦げ目)をサンドペーパーで削って、下塗りを行います。

作品の組立て完了

トレスアニョス展に出す作品の組立て完了。

ひょっとしたら色をまだ追加するかも知れませんが、とりあえずこれで完成にします。

青色の着色

今日は、コルクアートの納品式が有って新冠まで行くので10:30には、工房を出ます。

馬を彫刻した作品もお見せする為に持って行きます。

余り時間が無いので、保護紙が付いた状態で最後の青色の着色をしました。

アクリルケースの加工

ある方からの依頼でアクリルケースの加工を行いました。

実は、加工したら二重に加工する部分が有って、1枚目と2枚目は、重複加工してしました。

加工の動画は、これです。

AKASO Brave 7 LEのファームウェア

レーザ加工機専用のAKASO Brave 7 LEのファームウェアは、これです。

このバージョンは、機能のオン・オフが「開・閉」に成っているのです。

このアクションカメラのバッテリーピンが壊れて、交換品が届いたらパッケージバージョンが代わり、ファームウェアもこれに変わっていました。

でAKASOに日本語の不具合対応のファームウェアを送って頂いた物を入れたら、これに成りました。

途中でハードのバージョンが変わっているのかも知れませんね〜。

 

赤の着色作業

今日は、メガネ屋さんに出来上がったメガネを取りに行くので早目に工房を出ます。

なので軽い作業としてライトツリーに赤の着色を行いました。

赤のタミヤアクリルカラーがドロッとしていたので薄め液を使いました。

でも、薄め過ぎたかなぁ❣️